西伊豆眼科クリニック 鄭 守(てい まもる)医師

外来のスケジュールはここをご覧下さい。

鄭医師の手術、診察をご希望の患者さんは、予約なしで鄭医師の外来に直接お見えになっても結構ですし、鄭先生に直接メールで相談していただいても結構です(mtei@y2.dion.ne.jp)。

平成5年 慶応義塾大学医学部卒。医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医。


自己紹介

←10年ぐらい前 ←最近。

なぜか年々若返っています・・・ byおおたか

[ 略歴 ]

1968年 京都市生まれ

 1986年(昭和61年):私立洛星高校卒業

 1993年(平成5年):慶応義塾大学医学部卒業

 1995年(平成7年):慶応義塾大学眼科研修医修了

 1995年(平成7年):京都府立医科大学眼科学教室入局

 1996年(平成8年):京都府立医科大学大学院(眼科学)入学

 1996年〜1998年:ハーバード大学スケペンス眼研究所研究員

 1999年(平成11年):京都府立医科大学大学院(眼科学)卒業

 1999年(平成11年):京都府立医科大学病院眼科修練医

 2000年(平成12年)〜2006年(平成18年):京都府立医科大学眼科学教室助手

 2007年(平成19年)〜:現職


[ 専門領域 ]  網膜硝子体

[ 研究テーマ ]  低侵襲硝子体手術、治療的網膜内血管新生、硝子体手術システム・器具の開発

[ メッセージ ]

(横浜相鉄ビル眼科医院にて、患者さんに提供している自己紹介文をそのまま転記いたしました)

可能な限りの医療情報を提供し、苦痛や障害を最小限に抑えるように最善を尽くすことを使命と考え、日々診療に励んでいます。
これまで良くならないとされていた病気の治療法を見つけることを目標に研究に取り組みたいと考えております。
眼の調子が悪い、見えにくい、と感じられたら、我慢しないで直ぐに眼科を受診して相談してください。

私は、横浜相鉄ビル眼科医院において、目に優しい25ゲージ硝子体手術システムを使用し、独自に開発したノウハウを使い、日帰りの硝子体手術を積極的に施行してまいります。硝子体手術が必要だが仕事の都合などで入院ができない方などは、以下のメールアドレスにメールを下さい。患者さんと相談の上、できるだけ早期の手術日を設定します。また、相談のみの患者さんも大歓迎です。

mtei@y2.dion.ne.jp

[ 25ゲージ硝子体手術システムとは ](プロ向けの説明をそのまま掲載しておりますので、やや専門的な内容になります)

創口を可能な限り小さくする低侵襲手術は全科的な取り組みであり、眼科では小切開無縫合白内障手術が既に定着しています。網膜剥離、増殖糖尿病網膜症などの重症網膜硝子体疾患の治療法として確立された硝子体手術においても1990年にアメリカで小切開無縫合硝子体手術のプロトタイプが作製されました。

従来の3ポート硝子体手術では、結膜を約半周〜全周(18mm〜36mm)切開した後、20ゲージ(1mm強)の強膜創を3ケ所作成して、器具の出し入れを行います。手術終了前には、眼圧を保つために強膜創をしっかり縫合し、結膜を整復するために結膜縫合を行います。

2002年に発表された25ゲージ経結膜的硝子体手術の臨床報告では、開始時に25ゲージ(内径0.5mm、外径0.63mm)サイズのトロッカーを、結膜切開をせずに結膜上から直接挿入し、終了時には抜去するだけで終了できる無縫合硝子体手術が可能であるとされました。従来の硝子体手術システムと比較し、手術時間の短縮化、術後の患者不快感・乱視の軽減、炎症が少ないための術後回復期間の短縮化、などが達成されました。

[ 私のチームが独自に開発したシステムと、その良いところ ]

2002年秋には日本でもトロッカー方式のTSV25TM(ボシュロム社)が導入されました。その後、器具の改良に伴う適応疾患の拡大に伴い、全国で施行例が大幅に増加しています。しかし、トロッカー方式も完全なものとはなっておらず、その問題点を改善するべく、2003年より京都府立医大の私のチームはニデック社と共同で、トロッカーは用いず、特殊シリコンリングで結膜を圧迫し結膜移動を防止することによって25ゲージ経結膜的硝子体手術を行う新システムJ25VS TM(Just 25-gauge vitrectomy system)を開発しました。

この新方式はトロッカー方式と比較し、より小さな創口を通しての手術施行が可能であり、結果的に無縫合率が高くなります。また、器具の可動域や操作性も高く、増殖糖尿病網膜症や増殖硝子体網膜症などの重篤な網膜硝子体疾患の治療に応用することにより、適応疾患の拡大が可能になることが期待されています。

器械や器具の進歩に伴い、また、経験の積み重ねにより、より安全性の高い網膜硝子体手術が施行され、網膜硝子体疾患分野においても日帰り手術が可能となっています。


以下は、当院において、鄭先生の日帰りの硝子体手術を受けた患者さんのご家族とのやりとりの一部です。ご家族の許可を得て掲載させていただきました。



大高様

16日、鄭先生のご診察を受けさせていただきました。私の感激と喜びと希望は、既に同じ思いを共有しているでろう数多くの患者さんたちから大高先生のお耳に届いていることと確信しておりますが、私からも「ありがとうございました」と言わせて下さい。

既に受けているレーザーによる治療も、それぞれの眼に2回ずつ計4回で終了いたしますので、それから転院させていただくこととなりました。

現在通院している病院の医師からは全く指摘されていない治療を要する私の眼の状態も細かく説明を受けました。まるで”眼だけの人間ドック”を受けた気分です。

本当に優秀なドクター(僭越ですが)に診察していただくことは既に侵されているいる部分は当然のことながら、他の病気の予防にも有効であることを実感いたしました。

暖かい人間性にあふれながらも無駄の無い合理的なシステムも、しっかりと必然を感じさせ、全く抵抗感無く受け入れることが出来たのは私だけではないと思います。

素晴らしいですね!帰ってきてから5人の人に「眼が気になったら私に言って!」と、言わずにはいられませんでした。ありがとうございます。いつか実際にお目にかかってお礼を申し上げたいと存じますが、取り急ぎメールにて失礼致します。。。H。。。


大高先生

恐縮です。拙文ですが、気持ちに偽りはございませんのでどうぞ。私もお役に立てて、少しでも恩返しが出来れば嬉しいです。(H)



大高先生

先週の水曜日(9日)に初診で網膜静脈閉塞症を診ていただいた○○の娘です。
月曜日に早速手術をしていただけることになって親子で喜んでおります。
一つだけ質問があります。以前硝子体手術をしていますが、再度行っても良いのかどうかと言うことです。
問診票に書かなかったし、お話ししなかった様な気がして気になったものですから。

(大高回答 問題ないですよ。当院で網膜硝子体手術を受けられる方の10人に一人ぐらいは他院でうまく治らなかったという方の再手術です。他院で先生方が頑張ってくださったにもかかわらず治癒しなかったものなので、やはり治りづらいことは確かですが、みんなで力をあわせて頑張っています。)

お忙しい先生なので、この後はお時間の余裕のあるとき目を通していただければ幸いです。

母は4年くらい前だったと思いますが、初めて発症し、とある大学病院から紹介で他の大学病院で硝子体手術をうけ、
順調に回復していたのですが、今年の1月と4月の2回の出血で本人はかなり辛い思いをしていたようです。
気丈な母なので、週に1回会うときもあまり辛さを口にしていませんでしたし、何よりも充血など外見からはわからないため、
見えなくなる辛さを私は理解できていませんでした。

でも、さすがに散歩もできなくなり、体力が衰えるという母の言葉を聞き、なんとかならないかとネットで調べたところ、
大高先生のホームページにたどりついたのです。

その中で、ある患者さんが、他の人にわかってもらえない苦しみを書かれていたのを読み、初めて母の辛さを理解できた気がします。

明後日、私はどうしても仕事を抜けられないため、父がついていきますが、母の手術どうかよろしくお願いいたします。
担当の鄭先生にもよろしくお伝え下さい。母の目と心の視野が明るくなることを願っています。




鄭先生

昨日は質問にご丁寧にこたえていただき、安心いたしました。

また、本日は急遽手術をしていただきありがとうございました。

手術が終わったであろう時間に、弟に電話いたしまして、本日の手術が無事終わり、

予想よりも良い状態であったこと、
視力は出血以前と同等まで回復する可能性が高いこと等、

先生から説明を受けたと聞き、とてもうれしかったです。

気丈な母ですが、目が不自由になり、心もふさいでいるようでしたので、

とても心配しておりました。

明日は術後の状態を大高先生に診ていただくとのこと、

先生方にお願いすれば安心で心強いです。

先生方と巡り会えたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

母の人生はあと何年続くかそれは誰にもわかりませんが、

今回の先生方との巡り会いや、手術が母の残りの人生にこのままだったら見えなかっ
た明るい光をあたえてくださったことに感謝します。

大高先生にもよろしくお伝えください。




大高先生

母の手術から2週間が過ぎました。
残りの人生を不自由な目で送る覚悟を半ばしていた母ですが、思いがけず、先生方に巡り会い、先生方のおかげで希望を持って生きることができるようになりました。
本当にありがとうございました。

昨日は鄭先生の診察に私も一緒に伺いました。
視力も0.7まで上がり、手術後の経過も順調ということでした。
鄭先生には初めてお会いしたのですが、是非直接お礼を一言申し上げたくて診察室まで押しかけてしまいました。
丁寧に説明してくださり、内心、再発を心配していた母に、先生の方から「再発はないと思います。この病気を3回も4回もやった人はみたことないから。」と言ってくださいました。誠実で立派な方ですね。

これからは通院も少しずつ間隔を開けていくようですが、横浜で週に1回先生方とお目にかかることが母には楽しみのようです。
私のメールのことも大高先生がほめてくださったとか、ありがとうございました。先生方にお目にかかると励まされ癒されると母は言っています。

では、またこれからも母をよろしくお願いします。鄭先生にもよろしくお伝え下さい。
お忙しい日々、どうかお体大切になさってください。




大高先生

ご丁寧に返信いただきありがとうございます。
まず、HPへの掲載についてはこんな文章でよろしければどうぞ使ってください。私もHPを見て、目を患っている辛さを感じることができましたし、先生の医院を訪れてみようというきっかけになったのですから。

母も私も先生方へ感謝の気持ちでいっぱいですが、メールでお礼を言うことくらいしかできません。HPに掲載することでお役に立てるのであれば本当にうれしいです。


佐藤賢太郎とコスモ夢舞台

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kentaro/

の中の、会員さんの文章

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kentaro/fukurokaimikutu070815.html

ここで登場するドクターは鄭先生です。


大高院長コメント

鄭先生は私の慶応大学医学部時代の同級生で、昔から鄭ちゃんと呼んでいます。鄭ちゃんは人間的にもすばらしいし、とても優秀です。以前より将来一緒に仕事しようと声をかけていました。

一緒に仕事をするようになって、昔よりずっと医者として、人間として成長していることに気がつきました。患者さんへの配慮、手術への配慮がほんとうに行き届いています。

鄭ちゃんは出身の慶応大学を飛び出して、違う空気を求めて京都府立医大に移り、そこからハーバード大学に留学し、その後京都府立医大に戻り、網膜硝子体チームで新しいシステムの開発を先導してきたという秀才ですね。いろんなところでいろんなものを見てきたので、その蓄積されたノウハウを患者さんに当院で還元してくれています。細かいところまでこだわった、ほんとうにきれいな手術をしてくれています。

鄭ちゃんの開発したシステムは目に非常に優しく、日帰りの硝子体手術に最適です。

患者さんの安全が一番大切です。なので、もちろん我々は患者さんに無理に日帰りでやることをお勧めしたりはしません。入院できるならば入院されるに越したことないと思います。

しかし、「硝子体手術の適応です。入院してください。」と言われたけれども、会社を長期休暇できないとか、入院になると費用が高くなるのが悩みとか(日帰りならば3割負担でだいたい10万円から15万円、入院だとだいたい倍の費用と考えてください)、いろいろな事情をお持ちの患者さんは多いと思います。

今までそういう事情で手術を受けられずに失明したり不便を感じていたような患者さんならば、日帰りで手術を受けるほうがずっと幸せになってもらえるに違いないと信じて、極力目と体にやさしいシステムを、鄭、秋山、大高、河野の4人の医師で追求しています。特に網膜硝子体関係の病気、手術でお困りの患者さんやそのご家族は、ぜひ以下の鄭先生のメールアドレスにメールを送って、直接相談してみてください。

mtei@y2.dion.ne.jp


西伊豆眼科クリニックトップページへ