西伊豆眼科クリニック 霰粒腫(さんりゅうしゅ)の治療と患者さんの体験談

霰粒腫の治療を受けた患者さんの体験談はこのページの下部ををご覧下さい。私事で申し訳ありませんが、私の妻がよく霰粒腫にかかります。妻に泣き付かれては手当てをして間近で経過を見ているうちに、霰粒腫というものがいかに患者さんを深く悩ますものか、そして、霰粒腫の治療はいかにすればよいかを深く知りえるようになりました。以下には横浜相鉄ビル眼科医院で治療を受けた患者さんの声も掲載しております。

西伊豆眼科クリニックトップページへ

霰粒腫とは、目の表面に油を出すマイボーム腺というところがつまって、その中で行き場を失った油が暴れるのでしょうか、炎症が起こって、油と、炎症によって出てくる肉芽(にくげ)というものが混然一体となってたまったような状態です。

ものもらいに似てるのですが、少し違います。ものもらいは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といって、マイボーム腺へのばい菌の感染で、腫れるのは膿がたまっているのです。医療の現場ではよく霰粒腫がものもらいと誤診されています。

ものすごく痛くは無いですが、赤く腫れて、見た目的に非常につらいのが特徴です。また、子供さんがなった場合、一体どうしたらよいものか、医師も親御さんも途方にくれてしまいます。全身麻酔で手術するというのもいくらなんでも、ですし、かといって放置してても治らないものは延々治らないですしね。

治療法は3通りあります。

1 ばい菌が入らないよう、または、今入ってるかもしれないばい菌を抑えるように目薬をつけて様子を見る。

これがいちばん楽なコースです。インパクトはないですが、運がよければこれで自然に治ります。ただし、運がよければ、です。

2 トリアムシノロン(商品名ケナコルト)というお薬を注射する。

私の妻にやっているのはこれです。私の一押しです。注射した日から赤みがどんどん引いていき、80%は治癒する、という印象です。最終的にちょっと芯が残ることが多いですが、見た目にまったくわからないのでこれでOK、というわけです。まぶたの注射は通常かなり痛いのですが、これを痛くないようにやる僕なりのノウハウを持っています。

これの良いところは、暴れる子供を押さえつけてでもなんとか可能なところです(ちょっとかわいそうですが、押さえつけてでも治療するのが愛、ですからね)。手術はあばれる子供には無理ですから。お子さんの霰粒腫でお悩みの方、ご相談ください。

3 手術で中身を出してしまう。

これが一番確実ですが、まぶたは血管が多く、術後は赤み、腫れが1週間ぐらい続きます。根治したい人にはお勧めですが、見た目的には1週間ぐらいはよけい悪くなります。

手術はまぶたを器械ではさむことにより、血管を圧迫して、出血しないようにするのですが、このはさむのがふつうはものすごく痛い。しかし、この痛みを感じないようにやる僕なりのノウハウを持っています。

西伊豆眼科クリニックでは、即座に治療することにしております。

なお、西伊豆眼科クリニックの医師が運営する横浜相鉄ビル眼科医院のホームページでは、霰粒腫のことをビデオなどでより詳しく紹介しています。ぜひご覧下さい。




●霰粒腫のよくある質問です(どんどん加えているので、内容の重複ありをお許しください)。



霰粒腫そのものに関する質問


Q 人にうつることがありますか?

A うつりません。


Q 霰粒腫になりました。プールに入っても大丈夫ですか?

A プールを介して人にはうつることはありませんが、プールで菌が入ることはありえますから、あまりおすすめできないです。


Q クラビット点眼などの抗生物質の点眼を娘に予防のために点眼しても大丈夫ですか?

A 別に大丈夫ですが、霰粒腫は感染ではありませんので、予防効果は見込めないと考えます。


Q セフゾン(ないしは他の抗生物質)を3日服用して変化ない場合は服用を続けるべきなのでしょうか?

A 霰粒腫は感染ではありませんが感染が合併することがあります(化膿性霰粒腫)。

真っ赤に腫れ上がって、熱くて、とても痛いという、感染症状が合併している場合は、抗生物質の内服が感染症状をたたくのに有効ですが、その場合でももちろん霰粒腫自体を治療する効果は見込めません。感染症状の無い場合は抗生物質の内服は必要ないと考えます。


Q 自然に破裂した場合は目やにみたいなものがでるんでしょうか?

A そのとおりです。白いのが出てきます。血が一緒に出る場合もあります。これは終りが近づいているという良いサインですよ。


Q 破裂した場合受診したほうがよいのでしょうか?

A あせることはないですが、眼科受診するにこしたことはないと考えます。そこから菌が入らないよう、軟膏を処方したりしています。


Q 自然破裂だと治りますか?

A 必ずすぐに治るとは限りませんが、終わりに近づいている良いサインです。


Q うちの子供の霰粒腫、自然破裂して皮膚がすごいことになっていますが、あとは残らないのでしょうか?女の子なので心配です。

A どういうわけか、きれいに治るようですね。体ってすごいといつも思ってしまいます(^^)


Q うちの子供、かれこれ1年以上霰粒腫があるのですが、大丈夫でしょうか?

A うちは3年ぐらいある子もいますね。でも、結局なんとかなっています(^^)


Q 原因は特定できるのでしょうか?

A マイボーム腺という油の出るところが偶然つまって、出れなくなった油がたまって、それに反応する形で肉芽というものができて、それらが渾然一体としてたまっている状態です。マイボーム腺がつまるのはあくまで偶然であり、そこに原因がない病気(医学用語で突発性といいます)です。


Q ひどいと全麻で切開すると聞きましたが、その見極めは先生によって違いますか?

A そもそも全身麻酔までして切開する理由がまったくわからないです。うちらのおじいちゃんの時代には絶対に全身麻酔で切ったりはしていなかったわけで、だけど一生治らなかったなどという人は聞いたことがないですから、全員いつか自然に治るのだと思いますから。


注射や手術に関する質問


Q 霰粒腫の注射、ないしは手術を受けたいのですが、最短でいつできますか?

A 初診日と同日に可能です。


Q 霰粒腫の手術や注射は予約の必要はありますか?予約はできますか?

A 必要なしです。まずは診察にいらしてください。ご希望でしたら即日注射や手術が可能です。受診のしかたは

http://www.aikeikai.jp/schedule.html

ご覧下さい。当院は予約制ではありませんので、予約はできません。


Q こちらの勝手な都合で申し訳ないのですが、なかなか時間もないので、初診でそちらに伺った日に、摘出手術を含めすべて解決できたらありがたいと考えております。可能でしょうか?

A 可能です。


Q 注射は何歳から可能ですか?

A 横浜相鉄ビル眼科医院や西伊豆眼科クリニックでは4歳と0日からとしています。それ未満の子供さんに関しては、注射も手術もお断りしています。


Q 手術は何歳から可能ですか?

A 本人が局所麻酔で手術を受けるという意思があるなら施行するとしています。普通に考えて、さすがに小学校中盤ぐらいからではないでしょうか。手術に関しても、4歳と0日未満の子供さんはお断りしています。


Q じゃぁ4歳未満の子はどうすれば良いのですか?

A 放置、ないしは点眼や軟膏で治るのを待ちましょう。何年でも待ちましょう。

私たちにも子供がいますから心配される気持はわかりますが、どうしても必要な場合以外は、小さい子供に注射や手術をやるものではないと考えます。それは、小さい子供には予想外の副作用が起こる可能性があるからです。自分は自分の子が霰粒腫になっても点眼ぐらいしかしませんから、自分の家族にやらないことを人のお子さんにはやらないことにしています。


Q うちの2歳の子供が霰粒腫になりました。近くの開業医さんから大きな病院に紹介されて、そこでは全身麻酔での手術が必要と言われました。ほんとうにそこまで必要なのでしょうか?

A ものすごくよくある質問です。くこれはあくまで大高の見解なのですが・・・死のリスクをおかしてまで全身麻酔で手術する必要は全くなし、と考えます。おそらく親御さんもそう考えてらっしゃるのではないかと思いますが。

横浜相鉄ビル眼科医院では4歳0日未満の子供は、点眼や軟膏で様子見以外の治療をしないことに決めたぐらいです。うちのドクターは全員賛成してくれています。

横浜相鉄ビル眼科医院の鄭先生は小さいころ霰粒腫が頻繁にできたそうです。

鄭先生も私も京都市出身です。うちらの小さい頃の京都では、霰粒腫ができても「めいぼができた」と言われて、たいてい放置でして、鄭先生もそうしてきたそうですが、今はたいへんきれいな顔をしています。

大高は、小学生のころちょくちょくめいぼができました。めいぼができたら近くの眼科(京都の奥沢眼科さん)に行くよう母親に言われました。奥沢さんに行った時は即座に温罨法(おんあんぽう。おそらくこういう漢字だと思うのですが・・・)といって、霰粒腫を、こたつのような赤い光の出るドライアーのような機械で温めました。何をやっているのか全くわからなかったのですが、僕は「電気をあててきた」と親に報告していました。親も「めいぼができたので電気をあててきなさい」と言って送り出してくれました。自分と並んで10人ぐらいが電気をあてて座っていました。

電気を当てた後、硝子棒(しょうしぼう)で軟膏を塗られました。硝子棒での軟膏を塗る奥沢先生の手際の良さに驚いたものです。しかし、ほとんど前が見えなくなって、自転車でよろよろとぶつかりそうになりながら帰ってきました。

温罨法は霰粒腫を温めることによって霰粒腫の炎症を強くして病気自体を進行させ、最後に向かわせるという治療法であること眼科医になってから知りました。なかなか過激な治療法ですが、理にかなっていると言えるかもしれません。その当時ではどこでも普通になされていました。ですが、病気を強制的に進行さすというのは現代的にはあわないのでしょうか、やっているところをあまり聞きません

自分たちのじいちゃんやばあちゃんの時代はどうでしょうか。明治時代、もちろん温罨法もなかったと思いますし、全員薬もなしで放置だったのでしょう。それで、2歳から死ぬまで霰粒腫が治らなかったというじいちゃんやばあちゃんも見たことがありません。ということは、放置でもいつか必ず治るはずだということです。

ということで、見た目的に早期の治療が必要な人以外は治療の必要なしと考えます。ちなみに眼科医に「自分の2歳の子供なら全身麻酔で手術しますか?」聞いてみてください。みんなやらないと答えるでしょう。私も自分の子供には、本人がなんとかしたいと言わない限りは何もしません。眼科医が自分の子供の霰粒腫の治療に狂奔したという話は聞いたことがありません。

しかし、決して先生に悪意があるわけではありません。目の前に子供を連れてきたお母さんがいたら、なんとかしてあげたいと思うものです。その流れで全身麻酔というところまで話がいってしまったのでしょう。麻酔の怖さを知らない眼科の先生(世の中のほとんどがそう)ならば無理もないかもしれません。

私や鄭先生は、研修医時代、麻酔科を4カ月まわって、ハイリスク症例以外の麻酔は任されて自分一人でばりばりかけていましたので知っているのですが、子供の全身麻酔は大きなリスクを伴います。というのは、心臓や気道などの未発見の奇形があったり、薬に対する未発見のアレルギー体質があったり、体自体が弱いし、気道も細くてつまったりという事故も起こりやすいし、体が小さいので薬の量の調整もシビアですし、他にも悪い条件はいろいろあるからです。だから、研修医には決して小児麻酔は回ってきません。

麻酔科の先生は言ってました。「子供の麻酔には大きなリスクが伴います。そこまでして治療する必要はあるのですか?その治療をしないと失明するのですか?視力障害が残るのですか?何かあったら眼科で責任をとってくれるのですか?」と。そのとおりだと思います。


Q 妊娠しています。手術は可能でしょうか?

A 自分は妊娠中は、母体と胎児の命にかかわる病気の治療以外は受けるべきではないと考えています。

うちは若い女性の患者さんも多いので妊娠初期に妊娠に気づかずに手術を受けている人もたくさんいるでしょうし、そういう方の胎児に問題が出たという話も聞いたことがありません。なので、全く問題ないのかもしれません。ですが、麻酔薬が胎児に良いはずはありませんし、例えば流産したり、赤ちゃんに奇形があった場合、あの時霰粒腫の治療を受けたからではないか、と一生悩まなければならなくなるからです。

なので、妊婦への手術はお断りしています。特に、安定期に入るまでは受けないことをお勧めします。

安定期に入ったので、自己責任でどうしても手術を受けたい、という方もいらっしゃいます。手術で使う薬剤は、キシロカインを最大5cc、術後のフロモックスを1日3錠4日間内服、です。産科の先生に相談してみてください。


Q 注射で使用する薬剤を教えてください。

A ケナコルトという薬剤を使用します。


Q 妊娠しています。注射は可能でしょうか?

A これも手術と全く同じ理由でお勧めしませんが、受けられる方は産科の先生に相談の上で、自己責任でお願いします。


Q 手術の所要時間や費用など、予約のとれる日などをお伺いしたくメールさせていただきました。

A 
手術の所要時間・・・5分から15分程度です。順番が来たら診察の後、手術となります。診察までの待ち時間は不明です。
費用・・・3割負担で5000円プラス診察料で合計10000円ぐらいと考えて下さい。
予約・・・必要無しです。予約したい方もいらっしゃると思うのですが、すみませんが予約は受け付けていません。予約を受け付けてもその時間にきっちりできる保証がないので、患者さんに嘘はつかないことにしていますから、予約を受けていないのです。ご理解いただければ幸いです。


Q 手術がうまいと聞きました。どこが違うのですか?

A 企業秘密です・・・なんていうほどでもないです。正直に言うと、ちゃんとまじめにやっているからでしょう(^^)


Q 両眼に涙点プラグ挿入を検討しております。霰粒腫摘出をした同日に涙点プラグの挿入は可能でしょうか?

A 一つの目には1日に一つの手術しか保険が効かないと社会保険庁で決められています。うちのように、遠くは九州や北海道から患者さんが来て下さる病院は全く想定されていないわけなんですが、許可するとめちゃめちゃなことをする病院もあるので仕方がないのでしょう。なので、後日両眼に同時に入れるというのがいいのではないでしょうか。


Q 治療から2、3週後にスノボ、サーフィンに行く予定なのですが、運動や海水って問題ないのでしょうか?

A おおまかにですが、注射なら3日後からすべての運動、海水も大丈夫です。手術なら1週間からすべての運動、海水が大丈夫と考えてください。


Q 治療後、どのくらいの期間で腫れなどひきますか?

A 注射自体の腫れは通常24時間ぐらいでひきます。100人に1人ぐらいに3日ぐらい引かない人もいますが、おそらく注射とかで腫れやすい体質ですね。手術の場合は、1週間ぐらいかかって引くことが多いようです。

ここで間違ってほしくないのは、あくまで注射や手術で引き起こされた腫れが引くという意味で、その期間で霰粒腫自体の腫れが治るわけではありません。


Q 治療後は眼帯などで隠して良いのでしょうか?

大丈夫です。


Q 治療直後は眼帯をするのでしょうか?眼帯はいつ取れますでしょうか?

A 注射の場合も手術の場合も眼帯をして帰ります。眼帯は、あくまで腫れを隠したり、出血を吸収さすのだけが目的なので、お好きなときにはずしてかまいません。


mail: otaka@isao.com

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ